←トップ頁へ

和名jp クサナギオゴケ
撮影者:東京都 中村利治様↑
撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影地:神代植物公園春の山草展  
漢字表記 草薙尾苔
別名・異名
other name
古名
old name
東京都薬用植物園にて
語源
etymology
和名は、本種は愛知県品野村(現瀬戸市)で加藤秀次郎氏によって発見され、発見者によって熱田神宮の「草薙の剣」に因んで命名されたことによる。
属名は、ギリシャ語のcyno(=犬)とanchein(=殺す)の合成語からで、イヌに対して害があると信じられたこの属の1種の古名から。
種小名は、上述の発見者加藤秀次郎氏への献名。
学名sn Cynanchum katoi
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 キョウチクトウ科(←ガガイモ科)カモメヅル属
園芸分類 多年生草本
用途use
原産地
distribution
日本(本州:千葉県以西・四国・九州):日本固有種
花言葉
解説
description
クサナギオゴケはキョウチクトウ科(←ガガイモ科)の多年草である。概して山地の樹林下に自生する野草である。茎は直立し1m程度に。茎の下部(地上20㎝程度)に長楕円形で両端が尖る葉を対生する。この部分につく葉の長さは10~12㎝程度で、葉質は薄く、4~5対ほど接近してつく。茎の上部に行くと、茎はか細く蔓状となり、葉も極端に小さくなる。5~6月頃、紫色を帯びた径8㎜程度の花をまばらにつける。花冠は5裂し、裂片は長楕円形である。袋果は披針形で長さ5㎝程度と花に比較して大きい。
履歴 環境省絶滅危惧Ⅱ類登録植物
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考