←トップ頁へ

和名jp クサアジサイ  撮影者:奈良県 中野様
↑撮影地:奈良県明日香村↓

撮影:GKZ/小石川植物園にて↓

撮影者:千葉県 三浦久美子様↓

撮影地:都市緑化植物園↑ 
漢字表記 草紫陽花
別名・異名
other name
クサガク(草額)
古名
old name
語源
etymology
和名は、本来のアジサイは木本植物であるが、クサアジサイは草本植物でありながらアジサイに似た花を見せることから。
属名は、ギリシャ語のcardia(=心臓)とandron(=雄蕊)の合成語で、心臓形の雄蕊の意。
種小名は「互生葉の」の意。
学名sn Cardiandra alternifolia Sieb.et Zucc.
英名en Cardiandra  
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名de
漢名ch
植物分類 アジサイ科(←ユキノシタ科)クサアジサイ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草/路地植え/鉢植え
原産地
distribution
日本(福島・新潟両県~九州)
花言葉
解説
description
クサアジサイは日本固有種のアジサイ科(←ユキノシタ科)の多年草である。草丈は20~60㎝。花期は8月で、茎の頂きに散房花序を見せる。花色は紅紫色もしくは紅白色。萼片は2~3個。葉は互生する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『物品識名』
季語
備考