←トップ頁へ
和名 クルマユリ
青森県:十和田湖畔にて↑

漢字表記 車百合
別名・異名 カサユリ
古名
語源 和名は、放射状についた葉姿を車輪のこしきにたとえたもの。
属名は、「白」を意味するラテン古名から。
種小名は「ユリ科Medeola属に似た」の意。
学名 Lilium medeoloides
英名 Wheel lily
仏名
独名
伊名
西名 長野県小谷村:栂池自然園→
葡名
漢名 浙江百合
植物分類 ユリ科ユリ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/食用(根茎)
原産地  日本(北海道・本州近畿以北・四国剣山)・朝鮮(済州島)・中国・千島・サハリン・カムチャツカ
花言葉 純潔
解説 クルマユリは、ユリ科の多年草である。概して高山の草原に自生の見られる野草である。草丈は30~70㎝程度。茎の中程に披針形で先端の尖る葉を6~15枚輪生する。7~8月頃、茎頂に花径5~6㎝程度で赤黄色の花を下向きにつける。花被片は強く反り返る。
履歴
県花・国花 富山県:黒部平にて→
古典1
古典2 『和漢三歳図絵』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考