←トップ頁へ

和名jp クルマバソウ
漢字表記 車葉草
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、葉が放射状について車軸を思わせることから。
属名
は、ギリシャ語のgale(=乳)を語源とし、昔チーズを作る際に牛乳を凝固させるのにこの属のカワラマツバを使ったからという。
種小名は「芳香のある」の意。
学名sn Galium odoratum
(=Asperula odorata)

撮影者:東京都 山口米子様
撮影地:利尻島・姫沼
 
英名en Aweet woodruff
Galium odorata
Sweetscented bedstraw
Wild baby's breath
Master of the woods
仏名fr Aspérule odorante
Gaillet odorant,
Petit muguet
Reine-des-bois,
Thé suisse
Belle-étile
独名de Wald meiste
Asperula odorata
Duftlabkraut,Gliederkraut
Halskräutlein
Herzfreude
Leberkraut,
Mäschtee
Sternleberkraut
Maikraut,
Maitee
Tabakskraut
Teekraut,
Waldmanntee
Waldtee
Waldmännchen
伊名it Stellina odorosa
Asperula
西名es Asperula olorosa,Asperilla
Asperilla de los bosques
Asperilla olorosa
Asperillo
Aspérula olorosa
Bregandia
Hepática menor
Hierba de la opirada
Reina de los bosques
Rubia menor
Rubilla
Ruinade los bosques
葡名pt Aspérula-odorifera
漢名ch 香豬殃殃
香車葉草
植物分類 アカネ科ヤエムグラ属(←クルマバソウ属)
園芸分類 多年生草本
用途use 路地上(下草)/ビールやワインの香料/衣類保管時の芳香剤/染料(根)
原産地
distribution
汎北半球
花言葉
解説
description
クルマバソウはアカネ科の多年草である。我が国では本州:中部以北~北海道に自生の見られる野草である。本種は、地下茎が伸長して繁殖をする。草丈は10~30㎝程度で、茎には4稜がある。葉は、長さ1.5~4㎝、幅0.3~1.3㎝程度の狭楕円形~倒披針形で、6~10個が茎に輪生する。5~7月頃、茎上部に、径3~5㎜程度で白色の漏斗形花をつける。花冠は4裂する。本種は、地上部を乾燥させると芳香を放つ。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考