←トップ頁へ
和名 クルマバハグマ
漢字表記 車葉白熊
別名・異名
古名
語源 和名は、葉が輪生することと小花の裂片が細く開出する花姿をハグマ(白熊=ヤクの尾の毛で、払子や兜につける)にたとえたもの。/属名は、スイスの自然科学者A.M.Pertyの名に因んでいる。/種小名は「やや硬い」の意。
学名 Pertya rigidura
英名 撮影地:新潟県・悠久山→
仏名
独名 撮影者:新潟県 塩野計司様
伊語
西名 撮影地:新潟県・弥彦山→
葡語 写真(下)撮影:GKZ
漢名
植物分類 キク科コウヤボウキ属
園芸分類 多年性草本
用途 野草
原産地  日本(近畿地方以北)
花言葉
解説 クルマバハグマはキク科の多年草である。概して林の縁に自生が見られる。茎の中頃に7,8枚の大きな葉が葉が輪生し、車輪を思わせるのが名前の由来である。葉は倒卵形で、長さ20㎝前後。葉質は硬く、葉柄は持たない。8~9月頃、花茎の頂に円錐花序を出し、白色の花を見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考