←トップ頁へ

和名 クルクマ・オーストララシカ
撮影者:千葉県 三浦久美子様 
 撮影地:筑波実験植物園
漢字表記
別名・異名 ケープ・ヨーク・リリー
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/別名は原産地オーストラリア(クイーンズランド州ヨーク岬半島)名の音読みから。/属名のクルクマはアラビア語のkurkum(=黄色)から。/種小名は「オーストラリアの」の意。
学名 Curcuma australasica
英名 Cape york lily,
Australian ginger
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 莪術、綠薑、薑黃、薑荷花、黑心薑、山薑黄、蓬莪術
植物分類 ショウガ科ウコン属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/食用(根)
原産地 オーストラリア/パプア・ニューギニア
花言葉
解説 クルクマ・オーストララシカは、ショウガ科の多年草である。オーストラリアに原産するウコン属の植物は唯一本種のみと言うことになる。草丈は50㎝前後。地下に黄色い根茎を持つ。葉は長い葉柄を持った長さ15~40㎝、幅5~20㎝の長楕円形、先端は鋭頭となる。秋に長さ15~20㎝程度の花茎を伸ばし、茎頂に穂状花序をつけ、紅紫色の花姿を見せる。外見に花のように見えるのは実際は苞であり、実際の花はその下部に見える黄色い小花である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考