←トップ頁へ

検索名  クルクマ・アリスマティフォリア   
和名 クルクマ・シャローム
 撮影者:東京都 中村利治様
撮影地・タイ・バンコク/クィーン・シリキット公園
 
漢字表記
別名・異名 クルクマ・アリスマティフォリア/ガーデン・クルクマ/クラチアオ(タイ語名)/カミンコーク(タイ語名)/ドークアーオ(タイ語名)
古名
語源 和名は、我が国での流通名から。因みにシャロームとはヘブライ語で「平和」を意味する。/属名のクルクマはアラビア語の「黄色」から。/種小名は「サジオモダカ属のような葉の」の意。
学名 Curcuma alismatifolia
英名 Siam tulip,Summer tulip,
Garden curcuma
仏名 Curcuma rose,Safran des indes,
Tulipe Tahilandeise
独名 Curcuma,Safranwurz
伊名 Curcuma
西名 Tulipán de Siam,Tulipán de Verano
葡名 Açafrãao-da-conchinchina,
Tulipa-do-sião
漢名 姜苛花、薑苛花
泰名  กระเจียว,ขมิ้นโคก,โดกอาว
植物分類 ショウガ科ウコン属
園芸分類 多年生草本
用途 食用/薬用/染料/香辛料/切り花
原産地 タイ~カンボジア
花言葉 忍耐・あなたの姿に酔いしれる
解説 クルクマ・シャロームは、ショウガ科の多年草である。草丈は40~80㎝前後に。地下に水球と呼ばれる球形の根茎を持つ。葉姿はカンナにも似ていて、2列に互生した長楕円形、先端は鋭頭となる。7~9月頃に葉心から花序を出し、桃紫色の花姿を見せる。外見に花のように見えるのは実際は苞である。
履歴
県花・国花 タイ王国チャイヤプーム県花
古典1
古典2
季語
備考