←トップ頁へ

検索名  クロウケリー   
和名 スイギュウ
漢字表記 翠牛
別名・異名 ガステリア・クロウケリー/クロウケリー
古名
語源 和名の語源については不詳。/属名は、ギリシャ語のgastar(=胃)が語源で、花の形態が胃に似ていることからの命名という。/種小名はイギリスの園芸家Joseph Croucherへの献名。
学名 Gasteria croucheri
英名 Natal gasteria
仏名
独名 撮影者:東京都 中村利治様
伊名 市川市立動植物園にて
西名
葡名
漢名
植物分類 ツルボラン(←ユリ科)科ガステリア属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/食用(花の蜜:原産地)
原産地 アフリカ南部(ケープ地地方~南西アフリカ)
花言葉
解説 ガステリア・クロウケリはツルボラン科(←ユリ)の多年草である。原産地は南アフリカの湿地に自生が見られるという。この属には約80種が確認されているが、雑交雑により近似種が多く、同定が困難であると言われている。草丈は40㎝程度まで。葉長は20~40㎝程度、幅は3~10㎝程度。葉は滑らかであるが斑点模様が見られる。若い葉は対生するが、手触りはざらざらとしていて、成葉とは別の葉のような印象を与える。春から夏にかけて50㎝程度の花茎を伸ばし総状に写真に見られるような花(長さ:3~5㎝)を見せる。果実の長さは18~15㎜程度である。
履歴 ガステリア属の植物は、明治末期から大正期にかけて渡来している。ただし、本種の渡来時期に関しては不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考