←トップ頁へ

和名 クロタラリア・レツーサ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名はギリシャ語のcrotalon(=玩具のガラガラ)を語源とし、莢の中で、振ると種子が音をたてることから。/種小名は「小凹下達の、微凹形の」の意。
学名 Crotalaria retusa
英名 Rttleweed
Wedgeleaf rattlepod
仏名 Cascavelle jaune,
Pois rond marron
独名
伊名
西名
葡名
漢名 吊裾草
植物分類 マメ科タヌキマメ属
園芸分類 一年生草本 撮影者:沖縄県 比嘉善一様
用途 緑肥  
原産地 インド/バングラディシュ
花言葉
解説 クロタリアリア・レツーサはマメ科の一年草である。茎は円筒形で、表面に溝を持ち、直立し、草丈は、40~120㎝程度となる。茎上部の周囲には刺状突起がある。我が国で、根瘤線虫対策として効果があるとして流通しているコブトリソウ(サンヘンプ、コロタラリア)の仲間である。本種もその効果が期待できるというが、家畜に害をもたらすとの報もある。葉は鮮緑色で、長楕円形、茎に螺旋状につく。7~9月頃、茎頂に総状花序をつける。花は鮮黄色の蝶形花で、花冠径は25~30㎜程度となる。花後には長さ3~5㎝程度の莢果をつけ、中に長さ3~4㎜程度で茶色く光沢のある種子を内包する。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考