←トップ頁へ

和名 クロタネソウ
撮影:GKZ/とちぎわんぱく公園(壬生町) 


撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様↓

撮影地:ポルトガル コスタ・アズール地方

漢字表記 黒種草
別名・異名 ニゲラ・ダマスケナ
古名
語源 和名は、種子が黒色のため。
属名は、ラテンのniger(=黒色)を語源としている。和名と同様に種子が黒いことから。
種小名は、「ダマスカスの」という意味となる。
学名 Nigella damascena
英名 Love-in-a-Mist
Devil-in-a-Bush
Wild Fennel
仏名 Nigelle de Damas
独名 Jungfer im Grünen
伊名 Nigella
西名 Arañueda de damasco
葡名 Cabelo de Vênus
漢名 黒種草
植物分類 キンポウゲ科クロタネソウ属
園芸分類 一年生草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花/ドライフラワー/薬用/
原産地 南ヨーロッパ~北アフリカ
花言葉 戸惑い
解説 クロタネソウは、キンポゲ科の一年草である。草丈は30~60㎝。葉姿はフェンネルに似ている。開花期は5~6月で、枝先に白、淡青、黄、紫色などの花を見せる。
履歴 我が国へは、幕末に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考