←トップ頁へ

和名 クロロフィツム 'ファイヤーフラッシュ'
漢字表記 ↑とちぎ花センターにて/撮影:GKZ
別名・異名 クロロフィツム・アマニエンセ/クロロフィツム・オルチダストルム/パリソタ・ウエストランディア/パリソタトキ(朱鷺)/パリソタ・オレンジエード
古名 花→
語源 和名は学名の音読みから。/属名はギリシャ語のchloros(=黄緑)とphyton(=植物)との合成語から。/品種名は葉柄の色合いからのネーミング。
学名 Chlorophytum 'Fireflush'
(=Chlorophytum orchidastrum
=Chlorophytum amaniense
=Palisota 'westlandia')
英名 Fire flash,Fire glory,
Mandarin plant、
Sierra Leonelily
仏名 Palisota 'westlandia'
独名
伊名
西名
葡名
漢名 橙柄草
植物分類 キジカクシ科(←アンテリクム科←ユリ科)オリヅルラン属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え  撮影者:東京都 中村利治様↓ 
原産地 熱帯アフリカ 筑波実験植物園にて
花言葉   
解説 クロロフィツム 'ファイヤーフラッシュ'はキジカクシ科の常緑多年草である。我が国の園芸界では、ツユクサ科のパリソタに葉姿が似ているので「パリソタ・ウエストランディア」或いは葉柄の色合いから「パリソタ朱鷺」の名で流通している。オモトのような葉姿で、葉の基部が独特な朱鷺色を見せるので、近年観葉植物として人気を得ている園芸植物である。葉は、長さ45~60㎝、幅5~10㎝程度の剣形で、全縁尖端は鋭頭。茎は持たず、すべて根出葉である。12~2月頃、短い花柄を葉軸の間に出し、その先端に穂状花序を出し、白色6弁の小花を多数つける。花は観賞に堪える程ではない。本種は、高温多湿を好み、強光は好まない。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考