←トップ頁へ

検索名  クロミノトケイソウ 
撮影者:千葉県 三浦久美子様
和名 ミスミトケイソウ
漢字表記 三角時計草
別名・異名 クロミノトケイソウ(黒実時計草)
スズメノトケイソウ(雀時計草)
古名
語源 和名は、葉の形状から。
属名は「キリストの受難」と「花」の合成語。
種小名は「やや不規則な刻みのある、やや不規則な凹凸のある」の意で、蔓の表皮の様子を示している。
学名 Passiflora suberosa
英名 Cork-bark passion flower
Devil's pumpkin
Indigo berry
Corky Passionflower
Corkstem passionflower
仏名   Grain d'encre
独名
伊名 撮影地:東京都薬用植物園
西名 Pata de pollo
葡名 Maracujá
漢名 三角葉西番蓮
細柱西番蓮
植物分類 トケイソウ科トケイソウ属
園芸分類 蔓性常緑多年生草本
用途 薬用
原産地 アメリカ~中南米
花言葉
解説 ミスミトケイソウはトケイソウ科の蔓性多年草である。蔓長は3~5m程度となる。葉は、長さ4~6㎝程度の卵形~披針形で、大きく3裂する。本種はほぼ周年開花を見せる。葉腋に径1.5~2㎝で黄緑色の花を付ける。本種の花は、時計草の花の中では最も小さな花として知られている。花後には、径7~8㎜程度でほぼ球状の果実をつけ暗紫色に熟す。
履歴 本種は、南米原産ではあるが、今日、やオーストラリアやアフリカ、東南アジア諸国では帰化状態にある。
我が国でも沖縄県では帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考