←トップ頁へ

和名 クロミノオキナワスズメウリ 撮影者:沖縄県 田中 勝様  
漢字表記 黒実沖縄雀瓜
別名・異名
古名
語源 和名は、沖縄に自生し、実が黒熟するスズメウリの意から。/属名はラテン語で「白いブドウ」の意から。/種小名は「琉球産の」の意。
学名 Melothria liukiuensis
英名
仏名 雄花序→
独名
伊名  撮影地:那覇市内
西名
葡名
漢名
植物分類 ウリ科スズメウリ属
園芸分類 蔓性一年性草本
用途 野草
原産地 日本(北海道を除く)/済州島
花言葉
解説 日本(奄美大島〜沖縄諸島)
履歴 クロミノオキナワスズメウリは、ウリ科の蔓性一年草である。概して日当たりの良い原野に自生する。蔓の長さは5m前後程度に。長い葉柄を持った葉は長さ5〜10p程度の広卵形〜円心形で、蔓に互生する。葉の縁部には粗鋸歯があり、表面はざらつく。10〜4月頃、葉腋から散形花序を出し、10個程度の花をつける。雌雄異花で、雄花は白色で径7〜8o程度、雌花は径1p前後程度で暗緑色。花後の果実は1〜2p程度の楕円形で黒熟する。
県花・国花
古典1 雌花と果実→
古典2
季語
備考