←トップ頁へ

和名 クロホオズキ
漢字表記 黒酸漿・黒鬼灯
別名・異名 ニカンドラ・ピサロイデス 'ヴィオラケア'
古名
語源 和名はホオズキ似た実をつけ、その上部が青黒色となることから。/属名は、二世紀頃のギリシャの詩人Nikandrosの名に因んでいる。/種小名は「ホオズキ属のような」の意。/科種名は「紫紅色の、すみれ色の」の意。
学名 Nicandra physaloides 'violacea'
英名 Shoo fly plant  ’13河口湖フラワーフェスティヴァル会場にて
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ナス科オオセンナリ属(ニカンドラ属)
園芸分類 1年生草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花/ドライフラワー
原産地 園芸作出品種
花言葉
解説 クロホオズキはナス科の1年草である。同属のオオセンナリから作出された園芸品種である。草姿も花姿もオオセンナリに良く似ているが、本種の場合、葉に黒色の刺が見られる点で区別できる。草丈は1m前後程度に。葉長は5~15cm程度で、先端は鋭頭、縁は大きく切れ込み見せる。7~9月頃、葉腋に淡青色で、径2.5㎝程度の花をつける。実は形状がホオズキに似ているが、上部が青黒色となる。実は毒性を有し食用不可。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 有毒植物