←トップ頁へ

和名 クロバナツルアズキ
漢字表記 黒花蔓小豆
別名・異名
古名
語源 和名は、花色が黒紫色で蔓性のため。/属名の語源については調査中。/種小名は「黒紫色の」の意。
学名 Macroptilium atropurpureum
英名 Purple bush-bean
仏名
独名
伊名
西名 Siratro
葡名 Siratro
漢名 賽芻豆
植物分類 マメ科ナンバンアカバナアズキ属
園芸分類 蔓性多年生草本
用途 被覆作物
原産地 熱帯アメリカ 撮影者:フィリピン・ダバオ州 斎藤 央 様
花言葉 撮影地:フィリピン・ディゴス市
解説 クロバナツルアズキは、マメ科の蔓性多年草である。蔓性植物の植物であるため、他物に絡み這い上がり、基部は木質化することが多い。葉は3出複葉で、小葉は長さ5~8㎝、幅3~6㎝程度の楕円形で、葉裏は緑白色を帯びる。ほぼ通年開花し、葉腋から長い花柄を出し、黒紫色の花をつける。マメ科特有の蝶形花ではあるが、花弁と花弁とが捩れて位置する特徴を見せる。花後の豆果は長さ5~8㎝程度の線形。
履歴 本種は、練ったアメリカが原産であるが、熱帯・亜熱帯各地で、土壌の乾燥を防ぐ目的で、被覆作物として導入され、世界的に帰化状態にある。/我が国では奄美大島以南で帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考