←トップ頁へ

和名jp クロバナニガナ
撮影者:東京都  山口米子様

撮影地:札幌市・百合が原公園
漢字表記 黒花苦菜
別名・異名
other name
古名old name
語源
etymology
和名は、花の蕾や花茎が黒いニガナであることから。因みにニガナとは葉や茎を切ると苦みの強い白い液体を出すことから。
属名は、ギリシャ語のkio(=行く)とchorion(=畑)を語源としている。
種小名は「鋸歯のある」の意。
品種名は「黒色の」の意。
学名sn Ixeris dentata※備考欄
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch
植物分類 キク科ニガナ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草/食用(若葉)
原産地
distributin
日本/朝鮮半島/中国
花言葉 私を食べないで
解説 カラスバニガナは、キク科の多年草である。我が国各地の山野にごく普通に自生が見られる野草ニガナの品種で、花の蕾や花茎が黒くなる。草丈は、30㎝程度。葉や茎を切ると白い乳液を出す。根出葉は倒披針形で長さ5~18㎝程度で、下部の縁に小歯牙がある。茎葉は長さ4~8㎝程度で基部は茎を抱く。5~7月にかけて、散房花序を出し、黄色く小さな舌状花を見せる。花径は1.5㎝前後程度。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 ※ニガナの学名を記載してある。