←トップ頁へ

検索名  クリトリア   
和名jp チョウマメ
 ↑撮影者:東京都 中村利治様↓
小石川植物園にて↓

 撮影者:沖縄県 田中 勝様↓

八重咲き種/撮影地:那覇市↑
漢字表記 蝶豆
別名・異名
other name
クリトリア
アンチャン(タイ語名)
古名
old name
タイ・パタヤ地区にて→
語源
etymology
和名は、英名のButterfly peaからの直訳から。
属名は、ギリシャ語で「陰核」の意で、花の形状が女性の性器に似ていることからと云う。
種小名は「3出の」の意。
学名sn Clitoria ternatea L.
英名en Butterfly Pea
仏名fr Pois bleu
Clitorie de ternate
独名de BlaueKlitorie,
Schmetterlings-Erbse
伊名it Clitoria ternatea
西名es Conchita azul
葡名pt Feno de Cunhã
漢名ch 蝴蝶花豆
蝶豆
泰名th อัญชัน
植物分類 マメ科チョウマメ属
園芸分類 一年生草本
用途use 花壇/フェンス/パーゴラ/鉢植え
原産地
distribution
南アジア
花言葉 小さな恋
解説
description
我が国では一年生草本として扱われているが、原産地の熱帯地方では多年生草本とされている。蔓性植物である。草丈は1.5㍍程度にまで生長する。夏場に長径3㎝前後の鮮青色の花を見せる。白色や青色もあり、一重と八重咲きとがある。果実は長さ10㎝程度の扁平な莢で、若い内は食用にもなる。 
履歴 我が国へは江戸時代末期(1848~1853年)に渡来している。明治初期には、パイプマメと呼ばれていた。 
県花・国花  
古典1
古典2  
季語  
備考  
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
14 199 「篝り火花」