←トップ頁へ

検索名  クリスティア・ウェスペルティオニス 
和名 ヒコウキソウ
漢字表記 飛行機草
別名・異名 コウモリホウズキハギ(蝙蝠酸漿萩)/クリスティア・ウェスペルティオニス
古名
語源 和名は、葉の形状から。/属名の語源については備考欄参照。/種小名は「コウモリ(蝙蝠)に似た」の意。
学名 Christia vespertilionis
英名 Butterfly leaf stripe 下3図撮影者:東京都 中村利治様 
撮影:GKZ/とちぎ花センター↓ 
仏名 Papillon végétal
独名 Lourea
伊名 撮影地:新宿御苑
西名
葡名
漢名 蝙蝠草
植物分類 マメ科ホウヅキハギ属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え(観葉植物)/薬用
原産地 中国~インドシナ半島
花言葉
解説 ヒコウキソウは、マメ科の多年草である。草丈は60~120㎝程度に。葉は3出複葉であるが、頂小葉だけの場合もある。この頂小葉は飛行機の主翼ような形状をしており、風にヒラヒラと揺れることが和名の由来となっている。葉は、2~2.5㎝程度の葉柄を持った菱形で茎に互生する。茎並びに葉柄には、白色の細毛がある。葉の表面には掲載した写真に見られるようなストライプ模様が入る。3~5月頃、茎上部の葉腋に総状花序を出し白色の小花をつけるが鑑賞に堪えるほどではない。むしろ本種は、ユニークな葉形を鑑賞するために栽培される。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 属名のChristiaの語源については現在調査中である。ギリシャ語のcruciatus(=十字の)を語源としているものと推測される。因みに、ラテン語ではChristiaとは「キリスト教徒」の意である。