←トップ頁へ

和名 クリスマス・ローズ        撮影地:国営ひたち海浜公園
漢字表記
別名・異名 ヘレボルス/フユボタン(冬牡丹)/ユキオコシ(雪起こし)
古名   
語源 和名は、比較的花の少ない冬に花を咲かせることから。/属名は、ギリシャ語のelein(=害する)とbora(=食べ物)の合成語で「食べると死ぬ」の意。/種小名は、「黒い」の意で、根の色から。
学名 Helleborus niger L.
英名 Christmas Rose/Winter Rose
/Lenten Rose/Hellebore
仏名  Hellébore noir,Ellébore noir,
Rose de Noël 
独名 Schneerose,Christrose,
Weinhnachtrose
伊名 Elleboro nero,
Rosaa di Natale
西名 Eléboro negro,
Rosa de navidad
葡名 Rosa de Natal
漢名 聖誕玫瑰、黒嚏根草
植物分類 キンポウゲ科ヘレボレス属
園芸分類 多年性草本  
用途 花壇/鉢植え/薬用(根)  
原産地 地中海沿岸~中欧  
花言葉 私の心配を和らげてください/スキャンダル/慰め 
解説 クリスマス・ローズは、キンポウゲ科の多年草である。草丈は15~30㎝程度。根茎は学名に示されるように黒色で短い。本種は、無茎植物で、葉は全て根出する。葉は長い葉柄を持ち、暗緑色の掌状複葉である。1~3月頃、径6㎝程度の花をつける。花弁のように見えるのは実際には5個の萼片である。日本庭園にも合い、花の少ない時期に開花を見ることが出来るので普及を見ている。花色は、白、淡いピンク、白緑色等。ヨーロッパでは、古くローマ時代より栽培が行われていた。 
履歴 クリスマスローズは、ヨーロッパ原産であるが、我が国には明治元年に渡来している。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考  
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
24 237 「庭と畑」