←トップ頁へ

和名 クリスマス・キャンドルスティック
漢字表記
別名・異名 レオノティス・ネペティフォリア
ライオンズ・イヤー(※)備考欄
古名
語源 和名は、英名の音読みから。/属名はギリシャ語のleon(ライオンの意)とous(耳の意)の合成語から。/種小名は「Nepeta属(イヌハッカ属」のような葉の」の意。
学名 Leonotis nepetifolia 撮影者:愛媛県 日原由紀子様
英名 Annual lion's ear
Bald head
Bird honey
Christmas candlestick
Devil'Spincushion
Johny Collins
Lion's ear
Lion's tail
Klip dagga

撮影地:西オーストラリア州・パース近郊
 
仏名 Oreille de lion
Dagga sauvage
Queue de lion
独名 Afrikanisches Löwenohr
Wild Dagga
伊名 Orecchio del Leone
Orecchio annual del Leone
西名 cordon de sol
葡名 Cordão-de-frade
漢名
植物分類 シソ科カエンキセワタ属
園芸分類 1年生草本
用途 鉢植え/庭植え/精油
原産地 熱帯~亜熱帯アフリカ
花言葉 雄大
解説 クリスマス・キャンドルスティックはシソ科の1年草である。茎は直立し、草丈は1~2m程度となる。最大では3mに及ぶこともあると言う。茎は4稜を持ち、各辺の中央部には深い溝を持つ。葉は葉が差4.5~20㎝、幅2~15㎝程度の卵形で、縁部には鋸歯を持ち、先端部は尖り、基部には2~10㎜程度の葉柄に連なり、茎に対生する。撮影地のオーストラリアでは、7~12月頃、茎頂に球状の花序を出し、長さ2㎝程度で赤色の筒状花を放射状につける。 
履歴 本種はアフリカ原産であるが、世界各地で帰化状態にある。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考  ※Leonotis leonurus種もライオンズ・イヤー(Lion's ear)と呼ばれる。