←トップ頁へ

検索名  クリサンセマム・マウイ   
和名 アサギリコギク
漢字表記 朝霧小菊
別名・異名 クリサンセマム・マウイ/ローダンセマム・ガヤナム
古名
語源 和名は葉姿と花姿とからの命名と推測される。検索名・別名に見られる「マウイ」は、旧学名の種小名から(備考欄参照)/属名は、ギリシャ語のrhodon(=バラ)とanthemon(=花)の合成語で、「赤い花の」の意となるのではなかろうかと推測される。/種小名は、フランスの植物学者Claude Gayへの献名。
学名 Rhodanthemum gayanum 群馬県館林市:野鳥の森ガーデンにて
英名 Moroccan Daisy  
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 キク科ロダンテムム属 
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/路地植え
原産地 モロッコ~アルジェリア
花言葉 気丈に
解説 アサギリコギクは、キク科の多年草(我が国では、夏場の暑さのために一年草扱いとなっている。)である。草丈は20㎝程度。花茎は25㎝前後となる。開花期は3~6月頃であるが、独特な細かく切れ込みを見せるシルバー・リーフであり、常緑のため他の園芸植物とのコントラストの意味でも周年葉姿を楽しめる。写真は、色が曖昧だが、花弁の色はピンクで、花径は4㎝程度であった。
履歴 ローダンセマム属は、かつてはクリサンセマム(キク属)に含められているが、近年ロダンテムム属として別属扱いとして分類されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 Rhodanthemum gayanum(=Pyrethrum gayanum)(=Chrysanthemum mawii)