←トップ頁へ

検索名  クリサンセマム・カタナンケ   
和名 ローダンセマム・カタナンケ
撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記
別名・異名 クリサンセマム・カタナンケ
古名
語源 和名は学名の音読みから。/別名は旧学名の音読みから。/属名はギリシャ語のRhodo(=バラ)とantho(=花)の合成語から。/種小名は「ルリニガナ属の花のような」の意。
学名 Rhodanthemum catananche(=Chrysanthemum catananche)
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 キク科ローダンテムム属(←キク属) 
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え/路地植え
原産地 モロッコ
花言葉  気丈に   筑波実験植物園にて
解説 ローダンセマム・カタナンケは、キク科の多年草(我が国では、夏場の暑さのために一年草扱いとなっている。)である。草丈は30㎝程度まで。葉は銀白色の軟毛で覆われ不規則に深裂する。3~6月頃、花茎を立ち上げ茎頂に径5㎝程度でデージーに似た花をつける。開花期以外にも花壇や鉢植え寄せ植えのカラーリーフとしても用いられることの多い園芸植物である。
履歴 ローダンセマム属は、かつてはクリサンセマム(キク属)に含められていたが、近年ロダンテムム属として別属扱いとして分類されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考