←トップ頁へ

検索名 クリプタンサス・ゾナタス  
和名 トラフヒメアナナス
漢字表記 虎斑姫アナナス
別名・異名 クリプタンサス・ゾナタス
古名
語源 和名は、草丈が低く葉に虎斑模様の入るアナナスの意。/属名は、ギリシャ語のcrypto(=隠れた、不明の)とanthus(=~の花)の合成語から。/種小名は「帯状斑文のある」の意。
学名 Cryptanthus zonatus
英名 Zebra plant,Zebra star
仏名 Bromélia
独名 Erdsteme
伊名
西名  撮影者:東京都 中村利治様
葡名 Zebra planta 撮影地:筑波実験植物園     
漢名 虎紋小鳳梨
植物分類 パイナップル科クリプタンサス(ヒメアナナス)属
園芸分類 多年性草本
用途 観葉植物
原産地 ブラジル
花言葉 あなたは完全です
解説 トラフヒメアナナスは、パイナップル科の多年草である。アナナス類の中でも比較的小型で、地生し、葉が扁平に広がる様子はヒトデを連想させる。草丈は15~20㎝程度。葉は長さ15~20㎝、幅3㎝程度の披針形で縁部には刺が密につき、基部は茎を抱き互生する。葉の表面は新葉の内は明るい緑色であるが、成葉になると暗緑色地に銀白色の横縞模様が不規則に入る。冬から春にかけて、白色3弁の小花をつけるがあまり目立たない。
履歴 南米ブラジルの原産種だが、我が国には明治中期に渡来した。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考