←トップ頁へ

検索名   クリノポディウム・アキノス  
和名  クルマバナモドキ
漢字表記 車花擬
別名・異名 クリノポディウム・アキノス/アキノス・アルヴェンシス
古名
撮影者:ポルトガル在住
 武本比登志/睦子様
    
撮影地:ポルトガル・
    コスタ・アズール地方
 
語源 和名は学名の音読みから。/別名は、旧学名の音読みから。/属名はギリシャ語のcline(=床、斜)とpodion(=小足)の合成語。/種小名はプリニウスが最初に本種に対して用いた名である。
学名 Clinopodium acinos
(=Acinos arvensis
=Acinos thymoides
=Calaminta acinos
=Satureia acinos)
英名 Basil thyme
仏名 Pouliot des champs
Calament acinos
Calament des champs
Sariette des champs
Sariette acinos
独名 Field-Steinquendel
伊名 Acino invernale
西名
葡名
漢名
植物分類 シソ科トウバナ属
園芸分類  常緑多年生草本 
用途 路地植え/鉢植え/食用(葉)
原産地 西アジア~ヨーロッパ~北アフリカ
花言葉 
解説 クルマバナモドキはシソ科の常緑多年草である。草丈は10~45㎝程度となる。茎は方形で白色の軟細毛に覆われる。葉は短い葉柄を持った長さ5㎝程度の広卵形で茎に対生する。葉の縁部は緩やかな鋸歯状の凹凸があり、白色の軟細毛が密生し、先端部はほぼ鈍頭である。茎や花柄、萼筒等には白色の軟細毛が密生する。6~9月頃、茎上部の葉腋から総状花序を出し、長い萼筒の中から径1~2㎝程度の唇形花をつける。花色は淡桃紫色である。
履歴                  
 
県花・国花 
古典1 
古典2 
季語 
備考