←トップ頁へ

検索名 クリビア・ミニアータキトリナ  
和名 キバナウケザキクンシラン  
漢字表記 黄花受け咲き君子蘭  
別名・異名 クリビア・ミニアータ・キトリナ  
古名  
語源 和名は、文字通り黄花種のウケザキクンシランの意。/属名は、19世紀初期の女流詩人クリビア公爵夫人の名に因んでいる。/種小名は「赤くなる」の意。/変種名は「レモン色の」の意。 
学名 Clivia miniata var. citrina
英名 Yellow bush lily
仏名
独名 撮影者:東京都 中村利治様
伊名
西名
葡名
漢名 黄花君子蘭
植物分類 ヒガンバナ科クンシラン属
園芸分類 多年性草本
用途 鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉 情け深い、誠実
解説 キバナウケザキクンシランはヒガンバナ科の多年草である。一般的なクンシラン(正確にはウケザキクンシランである。)は学名に示されるように赤花種であるが、本種はその黄花変種である。草丈は50~90㎝程度。葉は光沢のある帯状で、幅は8㎝程度で密着して根生する。葉は、全縁・鈍頭で、中央部辺で弓状に弧を描くことが多い。3~5月頃、緑色で平たいが厚味のある花茎を立ち上げ、茎長に散形花序を出し、径5~7㎝程度で黄色い杯状花を10個程度点ける。 
履歴  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語 春(君子蘭)  
備考