←トップ頁へ

検索名  クレタケ(呉竹)  
和名 ハチク
漢字表記 淡竹
別名・異名 カラタケ(幹竹・漢竹・唐竹)
クレタケ(呉竹)
アワタケ(淡竹)
古名 オホタケ(於保太介・淡竹・宇竹)
語源 和名は、筍の味が淡色であることから淡竹(ハチク)と命名されたとか。また、別異には、筍の皮色が淡いことからとも。/属名は、ギリシャ語のphllon(=葉)とstachys(=穂)の合成語で、葉片のついた苞に包まれた花穂の姿から。/種小名は「黒色の」の意。/変種名の語源不詳。
学名 Phyllostachys nigra var. henonis
英名 Henon bamboo
仏名
独名
伊名 撮影者:千葉県 三浦久美子様
西名
葡名
漢名 金毛竹
植物分類 イネ科マダケ属
園芸分類 常緑多年生草 撮影地:千葉県立大多喜自然の森・竹笹園
用途 食用(筍・実)/用材(器具:茶道具等並びに竹細工品・包装材・箒・竹垣・建築材)/草履(筍の皮)
原産地 台湾、中国
花言葉
解説 ハチクは、マダケの仲間で稈高が最小のタケである。稈高は20m程度となる。節間は20〜40p程度。漢の表面は蝋質成分により淡緑色となる。筍は3〜5月頃に出て、色は淡褐色であり、マダケのように黒色の斑紋が出ない。節から枝は2本出る。葉は長さ9〜13p程度の卵状披針形で、互生する。葉の表面は無毛で、葉裏の主脈部位には白色の細毛が密生する。
履歴
県花・国花
古典1 『出雲風土記』、『近松浄瑠璃集』
古典2 『和名類聚鈔』、『』大和本草』、『物類品隲』、『薬品手引草』、『物品識名』
季語
備考