←トップ頁へ

検索名  クレイストカクタス・ウィンテリ   
和名 オウゴンチュウ
撮影者:東京都 中村利治様
漢字表記 黄金紐
別名・異名 クレイストカクタス・ウィンテリ/オウゴンヒモ(黄金紐)
古名
語源 和名は、紐状で表面を金色の刺で覆われていることから。/属名はギリシャ語のcleist(=閉鎖)とcactus(=サボテン)の合成語から。/種小名については不詳。(イギリス人船長John winterの名に因んでいるものと推測される。)
学名 Cleistocactus winteri
(=Winterocereus aureisoinus)
英名 Golden rat tail
仏名   
独名   
伊名    筑波実験植物園にて
西名
葡名  
漢名 華盛頓
植物分類 サボテン科クレイストカクタス属
園芸分類 多年生草本
用途 吊り鉢植え
原産地 アルゼンチン~ウルグアイ
花言葉
解説 オウゴンチュウはサボテン科の多年草である。本種の柱体は、始め立ち上がるが、やがて匍匐するようになる。柱体は茎は径2.5㎝程度とあまり太くは無いが、表面には多数の稜を有していることを確認できる。本種は、吊り鉢栽培されることが多いが、その場合には下垂することになる。茎長は1m程度に。茎の表面は金色で短い刺に覆われる。花は径5㎝程度でサーモンピンクの筒状花である。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 我が国の園芸界では、本種を「黄金柱」の名で流通しているのを見かけるケースもあるが、ご覧のように植物体は「柱状」ではなく「紐状」であり、「黄金柱」は相応しくないといえよう。
さらに紛らわしいのは、本種の漢字表記「黄金紐」は「キンヒモ」とも読めるが、クジャクサボテンの仲間に「キンヒモ(金紐 Aporocactus fragelliforiumis)が存在するので、本種を「キンヒモ」と呼ぶこともまた誤称ということになる。