←トップ頁へ

検索名  クレイストカクタス・ヒアラカンツス  
和名 ハクセン※備考欄参照
漢字表記 白閃
別名・異名 クレイストカクタス・ヒアラカンツス 
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名はギリシャ語のcleist(=閉鎖)とcactus(=サボテン)の合成語から。花が中々開かないことから。/種小名は「半透明の刺を持つ」の意。
学名 Cleistocactus hyalacanthus
英名 Silver torch
仏名   Cleisdtocavtus de Jujuy
独名   撮影者:東京都 山口米子様
伊名    筑波実験植物園にて
西名 Antorcha plateada
葡名  
漢名
植物分類 サボテン科クレイストカクタス属
園芸分類 多年生草本
用途 鉢植え
原産地 アルゼンチン~ボリビア
花言葉
解説 クレイストカクタス・ヒアラカンツスはサボテン科の多年草である。本種の南米産の柱サボテンの1種である。草丈は1m以上となる。柱体表面には15~25本の稜がある。稜上の刺座には中央に3~4本の刺を持ち、その周囲に20~30本の白髪状の刺が放射状に並ぶ。花は、長さ3~4㎝程度で赤色~橙赤色の管状で、先端部に多数の花弁が確認できるが、横から見れば管状部の延長に見えてしまうほどである。花弁は赤色で、正面から見ると花の中央部に黄色い蕊が確認できる。花後の果実は、野鳥が好んで食べるという。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 和名を「白閃」としたが、筑波実験植物園の名札の表記をそのまま掲載した。
しかし、我が国の園芸界で流通している「白閃」には2種あり、本種Cleisto hyalacanthus種とCleistocactus strausii種の双方が同名異種として存在している。