←トップ頁へ

和名 クレイソストマ・エレガンス
漢字表記
別名・異名 クレイソストマ・ウィリアムシー
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名はギリシャ語のcleisto(=閉鎖)とstoma(=気孔)の合成語から。/種小名は「優美な」の意。
学名 Cleisostoma elegans(=Cleisostoma williamsonii)
英名 Williamson's cleisostoma
仏名
独名 撮影者:東京都 中村利治様
伊名 ’12 世界ラン展会場にて
西名
葡名
漢名 紅花隔距欄
植物分類 ラン科クレイソストマ属
園芸分類 多年草草本
用途 石付け
原産地 中国、香港、インド・アッサム地方、東部ヒマラヤ地方、ブータン、ミャンマー、タイ、マレーシア、ヴェトナム、アンダマン諸島、ボルネオ島、ジャワ島、スマトラ島
花言葉
解説 クレイソストマ・エレガンスはラン科の多年草である。原産地の項に記した地の標高1,100~2,000m級高地の谷間で、広葉樹林下の岩上に着生するランである。細く小さな偽鱗茎を持ち、葉も茎も円筒形で、多肉質であり、葉は茎に対生する。春に、25~30㎝程度の花茎を下垂し、径0.7㎝程度の小花を穂状に多数つける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考