←トップ頁へ

和名 クレイソセントロン・メリリアナム
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名の語源不詳。/種小名は20世紀アメリカのラン研究者Merrill(正確な氏名不詳)への献名。
学名 Cleisocentron merrillianum
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ラン科クレイソセントロン属
園芸分類 多年草草本 撮影者:東京都 中村利治様
用途 ’12 世界ラン展会場にて
原産地 ボルネオ(キナバル山):固有種
花言葉
解説 クレイソセントロン・メリリアナムはラン科の多年草である。非常に生長の遅いランとして知られており、草丈は、20㎝程度まで。葉は革質の線状で細長いカヌーのように中央部が凹み、茎に互生する。開花期になると8.5~15㎝程度の花茎を腋生し、径1.5㎝程度の淡青色の花をつける。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考