←トップ頁へ

和名  クラスペディア・ユニフローラ・ユニフローラ  
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は英名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のkraspedon(=縁飾り)を語源としている。/種小名変種名は「単花の」の意。
学名 Craspedia uniflora var. uniflora(=Staehelina fimbriata=Craspedia fimbriata,Craspedelia fimbriata var.marginata)
英名 Woolyhead,
Pautea,
Buchelor's button,
White Billy buttons
撮影者:愛媛県 日原由紀子様
仏名
独名
伊名 撮影地:西オーストラリア州
西名 ジョン・フォレスト国立公園
葡名
漢名
植物分類 キク科クラスペディア属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え/切り花/ドライフラワー
原産地 オーストラリア~ニュージーランド
花言葉 心の扉を開く、個性的
解説 クラスペディア・ユニフローラ・ユニフローラはキク科の多年草である。本種は、オーストラリア並びにニュージーランドに自生の見られる野草である。沿海地でも内陸部の幾分標高の高い地でも自生の出来る適応性を有している。草丈は15~40㎝程度となる。茎や葉縁には灰白色の短細毛が密生する。根際では、楕円状の葉がロゼットを構成し、茎葉は茎に互生する。原産地では9~11月頃、15㎝程度の花茎を立ち上げ、その頂部に、径1.5~3㎝程度の球状頭花をつける。花は、白色・黄色・クリーム色の筒状小花の集まりである。花冠は5裂し、花弁は半透明状となる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考