←トップ頁へ

検索名 クラッスラ・スターダスト
和名 ホッキョクセイ
漢字表記 北極星
別名・異名 クラッスラ・ペルフォラータ/クラッスラ・スターダスト
古名
語源 和名は星形に見える葉姿からの命名と推測される。/属名はギリシャ語のcrassus(=厚い、太い)を語源としている。/種小名は「孔のある」の意。
学名 Crassula perforata
英名 Necklace vine,String of buttons
仏名
 独名   撮影地:栃木県足利フラワーパーク 
伊名
西名
葡名
漢名 星乙女
植物分類 ベンケイソウ科クラッスラ属
園芸分類 常緑多年生草本(亜低木)
用途 路地植え/鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 ホッキョクセイは、ベンケイソウ科の多肉植物である。草丈は25~50㎝程度に。葉は多肉質の三角葉であり、径2㎜程度の丸い茎を葉の基部を貫通するように見える。葉は、密着して、対生状に左右交互に茎に互生する。春に、茎上部の葉腋から長い花茎を伸ばし、その先に淡黄色の小花を多数つけるが鑑賞に値する程のものではない。
履歴 我が国への渡来時期不詳。  
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考