←トップ頁へ

和名 クラッスラ・サルメントーサ
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名はラテン語で「厚い」の意で、葉に厚味があることから。/種小名は「長匐茎のある、蔓茎のある」の意。/品種名は「斑入りの」の意。
学名 Crassula sarmentosa f. variegata
英名
仏名
独名
伊語
西名
葡語
漢名
植物分類  ベンケイソウ科クラッスラ属   群馬県立つつじが岡公園温室(館林市)にて
園芸分類 多年性草本
用途 室内鉢物
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 クラッスラ・サルメントーサは、ベンケイソウ科の多肉植物である。茎は赤味が強く、草丈は最大で50~60㎝程度に。葉はほぼ楕円形で、縁には規則的な鋸歯を持ち、先端は鋭頭で、茎に対生する。秋には、葉縁が赤味を増して見応えがある。本種の場合、そのほかの時期でも、葉に大きく入る黄白色の斑模様が緑色と対照的で美しい。秋から冬にかけて茎上部の葉腋から赤色の花茎を伸ばし、集散花序をつける。花は白色~淡桃色の筒状花で、花冠は5深裂する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考