←トップ頁へ

検索名 クラッスラ・ピクツラータ
和名 ハナカンザシ
撮影者:愛媛県 日原由紀子様
漢字表記 花簪
別名・異名 クラッスラ・ピクツラータ
古名
語源 和名は、花姿からの命名と推測される。/属名はラテン語で「厚い」の意で、葉に厚味があることから。/種小名は「細い、弱い」の意。/亜種名は「絵画のような、色彩のある」の意。
学名 Crassula exilis subsp. picturata(=Crassula picturata)
英名
仏名
独名 撮影地:牧野植物園
伊名
西名
葡名
漢名 花簪
植物分類 ベンケイソウ科クラッスラ属
園芸分類 多年生草本
用途 室内鉢物
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 ハナカンザシは、ベンケイソウ科の多年草である。本種は、南アフリカの砂岩・花崗岩・頁岩等の垂直或いは急な斜面の凹みや割れ目、地面の凹み等に自生する多肉植物である。木質化した根を持ち、茎を多数叢出し、マット状に広がりを見せる。茎は、赤味を帯びた多分に多肉質で、草丈は2.5~5㎝程度、直径は4~6㎜程度である。葉の形状は個体差があるが、概して心形で、縁部は全縁であるが、微細毛が密生し、先端部は無柄で直接茎を抱く。基部の葉は、螺旋状に密着し、ロゼット状となる。茎葉は、対生する。葉の表面には濃暗紫褐色の豹紋が入り、葉の裏面は赤味を帯びる。原産地では、夏の終わり頃から秋にかけて、茎上部に総状花序を出し、径3㎜程度で淡桃色の筒状花をつける。花冠は5裂する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考