←トップ頁へ

検索名 クラッスラ・ムスコサ
和名 セイサリュウ
漢字表記 青鎖竜
別名・異名 クラッスラ・セイサリュウ(青鎖竜)/クラッスラ・ムスコサ
古名
語源 和名は、葉色並びに葉姿からの命名と推測される。/属名はラテン語で「厚い」の意で、葉に厚味があることから。/種小名は「蘚類のような」の意。
学名 Crassula muscosa(=Crassula lycopodioides)
英名 Moss carassula、Watch chain
仏名 Crassula
独名 Schnürsenkel
伊名
西名
葡名
漢名 青鎖竜
植物分類 ベンケイソウ科クラッスラ属
園芸分類 多年性草本
用途 室内鉢物
原産地 南アフリカ
花言葉 とちぎ花センターにて
解説 セイサリュウは、ベンケイソウ科の多肉植物である。一見して、針葉樹の葉姿のようにも見えるし、逆に、蘚類のような葉姿のようにも見える不思議な葉を見せる観葉植物である。英名では、「腕時計の鎖」と呼ばれ、ドイツ語では「靴紐」と呼ばれるという。和名の「セイサリュウ」は中国名「青鎖竜」の日本式の音読みからと推測される。いずれにしにてもどの国も言い得た命名をしたものと納得させられる。草丈は10㎝前後程度に。葉は鱗片状で対生状に交互に向きを変えながら茎を包む。時折、上部で分枝することがある。花は、葉腋につき、黄色い小花で花冠は5裂する。
履歴 我が国には大正末期(1920年代半ば)に導入されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考