←トップ頁へ

検索名  クラッスラ・キノカワ(紀ノ川)   
和名 キノカワ
漢字表記 紀ノ川
別名・異名 クラッスラ・キノカワ(紀ノ川)/ムーングロウ
古名
語源 和名の語源に着いては不詳。/属名はギリシャ語のcrassus(=厚い、太い)を語源としている。/品種名命名の所以についても不詳。
学名 Crassula 'Moonglow'
英名 Crassula 'Moonglow'
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 奇雕塔、月光神刀
植物分類 ベンケイソウ科クラッスラ属
園芸分類 常緑多年生草本(多肉性)
用途 鉢植え
原産地 園芸作出品種
花言葉 撮影:GKZ/とちぎ花センターにて↑
   撮影地:牧野植物園→
撮影者:愛媛県 日原由紀子様↑   
解説 キノカワはベンケイソウ科の多肉植物である。草丈は15~30㎝程度に。三角錐状の葉を蜜に重なるようにつける多肉植物である。葉長は3.5~7㎝程度。葉色は淡緑色であるが、表面は白粉を吹いたように白色を帯びている。夏場から初秋にかけて、茎上部の葉腋から花茎を伸ばし、散形花序を出し、淡桃色の筒状の小花を多数つける。花冠は5裂する。
履歴 本種は「稚児姿(Crassula deceptor var. arta)」種と「神刀(Crassula Perfoliata var. falcata)」種との属間交配によって作出されている。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考