←トップ頁へ

検索名  クラッスラ・フスカ   
和名 アカオニジョウ
漢字表記 赤鬼城
別名・異名 クラッスラ・フスカ
古名
語源 和名は、葉色が真っ赤になり、葉先が角状に尖っていることからの命名と推測される/属名はギリシャ語のcrassus(=厚い、太い)を語源としている。/種小名は「暗赤色の」の意。
学名 Crassula fusca
英名
仏名
独名 栃木県:足利フラワーパークにて
伊名
西名
葡名
漢名 赤鬼城
植物分類 ベンケイソウ科クラッスラ属
園芸分類 常緑多年性草本(多肉性)
用途 鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 アカオニジョウは、ベンケイソウ科の多肉植物である。草丈は30~40程度に。葉は先端が角張って尖った厚味のある船底型で、長さは3~5㎝程度。葉色は、基部は緑色であるが、秋以降に低温にあたると掲載した写真のように鮮やかな赤色となる。夏場に長い茎を伸ばし、その上部に白色で径3㎜程度の小花を上向きに多数つける。花形は筒状花で花冠は5裂する
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考