←トップ頁へ

和名 クラッスラ・グロメラータ
撮影者:愛媛県 日原由紀子様
撮影地:西オーストラリア州パース近郊 
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、学名の音読みから。/属名はラテン語で「厚い」の意で、葉に厚味があることから。/種小名は「密集した」の意。
学名 Crassula glomerata
英名
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ベンケイソウ科クラッスラ属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え・鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 クラッスラ・グロメラータは、ベンケイソウ科の多年草である。本種は、南アフリカの沿海地の砂丘や砂浜に自生の見られる小形の野草である。草丈は、5~15㎝愛知土となる。多肉質な茎を持ち、緑色或いは乾燥時には赤色となる。茎は、良く分枝をする。葉は肉厚な狭楕円状で、縁部は全縁、先端部は刺状に突起し、基部では茎を抱き、茎に対生する。葉は、とても密着して茎につく。原産地や撮影地のオーストラリアでは、8~11月頃、茎頂に白色~赤色で、多肉質な5弁花をつける。
履歴 本種は、オーストラリア大陸西岸の沿海部では帰化状態にある。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考