←トップ頁へ

検索名  クラッスラ・ファルカータ   
和名 ジントウ  
漢字表記 神刀
別名・異名 クラッスラ・ファルカータ/クラッスラ・ペルフォリアータ
古名
語源 和名の鎌状の葉姿からの命名と推測される。漢名からの音読みとも推測される。/属名はギリシャ語のcrassus(=厚い、太い)を語源としている。/種小名は「鎌状の」の意。
学名 Crassula falcata(=Crassula perfoliata var.falcata).
英名 airplane plant, propeller plant
仏名 撮影者:東京都 山口米子様→
独名 撮影地:北海道大学付属植物園温室
伊名
西名  ↑撮影者:大阪府・藤井勝様↓
 
葡名
漢名 神刀草
植物分類 ベンケイソウ科クラッスラ属
園芸分類 常緑多年生草本(多肉性)
用途 路地植え/鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 ジントウは、ベンケイソウ科の多肉植物である。葉は多肉質の鎌状の形状をしており、葉縁は見た目には鋭い刃物のようにも見える。葉は表面に白粉を吹いたように見える淡緑色である。茎は、旧学名にも示されているように刃を貫通するように突き抜けている。草丈は40㎝前後程度に。6~7月頃、葉腋から長い花柄を出し、真っ赤な花をた多数つける。開花後もそのままドライフラワー状に花柄に残る。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1 撮影地:大阪府「咲くやこの花館」→
古典2
季語
備考