←トップ頁へ

和名 クラッスラ・デービッド
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は、葉色並びに葉姿からの命名と推測される。/属名はラテン語で「厚い」の意で、葉に厚味があることから。/品種名は1980年代に南アフリカの植物を蒐集した David Cumming の名に因んでいる。
学名 Crassula ’David'
英名 David's craassula
仏名
独名 とちぎ花センターにて
伊語
西名
葡語
漢名
植物分類 ベンケイソウ科クラッスラ属
園芸分類 多年性草本
用途 室内鉢物
原産地 南アフリカ
花言葉
解説 クラッスラ・デービッドはベンケイソウ科の多肉植物である。草丈については、どの程度まで成長するものかについて未調査。概して匍匐性を有し、茎が地を這い、横に広がりを見せる。葉は広卵形で茎に対生する。葉の表面には白色の軟細毛が密生するが裏面には見られない。寒期になると葉は紅葉を見せる。花は、葉腋につき、黄色味を帯びた白色の小花で、花冠は5裂する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考