←トップ頁へ

検索名  クラニキス・フェルティリス  
和名 エクサラリア・パルウィフロラ
漢字表記
別名・異名 エクサラリア・パルヴィフロラ/
クラニキス・フェルティリス
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名は、ギリシャ語のexi(=無い)とala(=翼)の合成語から。/種小名は「小さな花の」の意。
学名 Exalaria parviflora
(=Cranichis fertilis)
英名 The Fertile Cranichis
仏名   
独名   
伊名
西名
葡名
漢名
植物分類 ラン科エクサラリア属
園芸分類 多年生草本 
用途 鉢植え 
原産地 コロンビア、エクアドル、ヴェネズエラ、ペルー
花言葉  撮影者:東京都 中村利治様
解説 エクサラリア・パルウィフロラはラン科の多年草である。原産地の項に記した地の標高1000~3000m級高地降雨林地帯に自生する地生ランである。草丈は20~30㎝程度。葉は披針形で、根際にロゼット状に広がる。本種は通年開花で、25㎝前後程度の花茎を立ち上げ、総状花序をつけ、径2㎜程度で白色鐘形の花を多数下方から上方へと咲き上がる。
履歴 我が国への渡来時期不詳。
県花・国花
古典1
古典2     撮影地:筑波実験植物園
季語
備考