←トップ頁へ

検索名  クライミング・オニオン
撮影者:東京都 中村利治様↑
撮影:GKZ/とちぎ花センターにて↓ 




和名jp タマツルクサ
漢字表記 玉蔓草
別名・異名
another name
ソウカクデン(蒼角殿)
ボウイエア・ウォルビリス
クライミング・オニオン
古名 old name  撮影地:新宿御苑→
語源
etymology
和名は、タマネギに似た鱗茎を持ち蔓性の茎を持つことから。
属名は、イギリスの王立キュー植物園の植物コレクターだったJames Bowieへの献名。
種小名は「巻き付く」の意。
学名sn Bowiea volubilis
英名en Climbing onion
仏名fr Bowie volubile
独名 de Kletterzwiebel 
伊名it Bowiea
西名es Bowiea volubilis
葡名pt Cebola Africana
漢名ch 蒼角殿
植物分類 キジカクシ科(←ヒアシンス科←ユリ科)タマツルクサ属
園芸分類 多年生草本
用途use 鉢植え
原産地
distribution
南アフリカ
花言葉
解説
description
タマツルクサは、キジカクシ科(←ヒアシンス科←ユリ科)の多年草である。多肉植物で、径20㎝に及ぶタマネギにも似た鱗茎を持つ。表面は平滑で淡緑色である。鱗茎頂部より、1~2本の蔓性茎を伸ばす。この蔓性茎は1年性である。茎は途中で分枝を繰り返しながら上方へと伸びて行き、最長2~3mに及ぶ。春~夏にかけて淡緑色6弁の小花を付けるが目立たない。葉は殆ど退化している。多肉植物愛好家が愛培していることが多い。 
履歴  
県花・国花
古典
季語
備考