←トップ頁へ

和名 クンショウギク
漢字表記 勲章菊
別名・異名 ガザニア
古名
語源 和名は花形から。/属名はアリストテレスの著書等のギリシャの古典をラテン語に翻訳したことで知られるギリシャ人のガザ(7T.Gaza)の名に因んでいる。/種小名は「雑種の」の意。
学名 Gazania hybrida
英名 Treasure Flower/Black-eyed Susan
仏名 Gazanias variés 拙庭にて
独名 Mittasgold
伊名 Gazania
西名 Gazania
葡名 Gazania
漢名 非州太陽花
植物分類 キク科クンショウギク属
園芸分類 多年生草本
用途 路地植え/鉢植え
原産地 南アフリカ
花言葉 潔白、あなたを誇りに思う
解説 ガザニアは南アフリカが原産地であるが、ヨーロッパ各国に持ち込まれ、それぞれ育種改良が重ねられてきた。今日、一般的に栽培されているガザニアは、Gazania rigens種やGazania linearis種等幾つかの原種が交雑されて出来た園芸品種である。葉はへら形と羽状のものと2種類ある。ほとんど無柄の根生葉が叢生する。花期は長く、頂きに径4~5㎝の花を、初夏から秋まで見せる。
履歴 我が国へは大正末期に渡来している。
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考