←トップ頁へ

検索名 クンシャイ(タイ語名)
和名jp オランダミツバ
漢字表記 阿蘭陀三葉
別名・異名
other name
セロリ
キヨマサニンジン(清正人参)
セリニンジン(芹人参)
クンシャイ
古名
old name
語源
etymology
和名は、西洋の植物であり、我が国のミツバに香りが似ていることからという。
検索名のセロリは、英名から。かつて古代ギリシャやラテン語ではselinionと呼ばれていた。16世紀にイタリアで栽培が始まり、イタリア語ではselanoと呼ばれたが、それがフランスに入り、当初sceleri d'Italié(「イタリのセロリ」)と呼ばれたが、やがてフランス語の世界ではcéleriとなる。英国にはフランスから渡りceleryとなっている。
属名のApiumは「水」を、種小名のgravelensは「香りが高い」を、変種名のduceは「甘い」をそれぞれ意味している。
学名sn Apium graveolens var. dulce 現在写真はありません。
お持ちの方、ご提供下さい。
連絡先は、メニュー頁にあります。
英名en celery
仏名fr céleri
独名de Sellerie
伊名it sedano
西名es apio
葡名pt aipo
漢名ch 芹菜
泰名th ขึ้นฉ่าย 
植物分類 セリ科アピウム(オランダミツバ)属
園芸分類 一・二年生草本
用途use 食用
原産地
distribution
地中海沿岸~中東地方
花言葉 真実の愛、会える幸せ
解説
description
セロリはセリ科の一年草または多年草である。草丈は60~90㎝程度に。茎には稜があり直立する。葉は羽状複葉。茎並びに葉柄は多汁質である。開花期はは6~9月頃で花色は緑白色。草全体に特有の香りを持つ。葉柄並びに茎の部分を食用にする。
履歴 秀吉の朝鮮出兵(1592年)の際に持ち込まれたものが「清正ニンジン」と呼ばれ、その後、オランダ人によって長崎に渡来し「オランダミツバ」と呼ばれたが、日本人には、独特の強い香りが好まれず普及を見ることはなかった。明治初期に導入されたが、やはり我が国では普及を見ることはなかった。一般に普及を見るようになったのは、1960年代に入ってからと個人的には推測している。
県花・国花
古典1
古典2 『本草綱目啓蒙』
季語
備考