←トップ頁へ

和名 クモキリソウ
撮影者:長野県 松永ひろし様

撮影地:長野県信濃町↑

撮影地:長野県王滝村↑

撮影:GKZ/秋田県八幡平↑    
漢字表記 雲切草
別名・異名
古名
語源 和名は、山上に自生することから、「雲切草」であるとか、「雲散草」であるとか。また、別には、花形から「蜘蛛散草」ではないか等という説もある。ジガバチの餌になるクモの姿を連想させる花形をしていることから。
属名は、「脂肪性の」または「輝く」の意。滑らかで、光沢のある葉から。
種小名は和名から。
学名 Liparis kumokiri Maekawa
英名 Japanese largest twayblade
Japanese twayblade orchid
仏名
独名
伊名
西名
葡名
漢名 彎柱羊耳蒜
植物分類 ラン科クモキリソウ属
園芸分類 多年生草本
用途 野草/鉢植え
原産地 日本各地の亜高山帯
花言葉
解説 クモキリソウはラン科の多年草である。一般的に花色は淡緑色であるが、希に淡暗紫色の場合もある。前者をアオグモと言い、後者をクログモと言う。花形は、一般的なラン科の花形。我が国の代表的な野生ランの一種である。葉は2枚で長さ5~12センチ程度。葉縁は縮れている。6~8月頃開花するが、花茎は10~20㎝程度で、花色は淡緑色。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『物類品隲』、『物類呼称』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
6 23 「がたがた」
18 39 「風蘭」