←トップ頁へ

和名 クマツヅラ
↑撮影者:東京都 中村利治様

↑撮影者:東京都 山口米子様↓

撮影地:東京都薬用植物園↑ 
撮影者:ポルトガル在住 武本比登志/睦子様

撮影地:ポルトガル・ベイラ地方



漢字表記 熊葛
別名・異名 バベンソウ(馬鞭草)
ヴェルベナ・オフィキナリス
古名 クマツヅラ(久末都々良)
   撮影地:東京都薬用植物園
語源 和名は、葉アンホが長く伸びるため「馬打葛(ウマウツツラ)」からの転訛と言う。
別名のバベンソウは漢名の音読みから。
属名は、ラテン語からであるが不詳。(ある種の神聖な草本植物名ということであるが、その植物名は不詳。)
種小名は「薬用」の意。
学名 Verbena officinalis
英名 vervain,Frog's foot,
pigeon's foot
仏名 Verveine officinale,
Verveine sauvage
独名 Echte Eisenkraut
伊名 Verbena
西名 Verbena común,
Hierba sagrada
葡名 Verbena
漢名 馬鞭草
植物分類 クマツヅラ科クマツヅラ属
園芸分類 多年性草本
用途 薬用/グランドカバー
原産地 日本(本州~沖縄)/ユーラシア/北アフリカの暖~亜熱帯
花言葉 魔法・魅惑
解説 日当たりの良い野原に自生を見る植物である。茎は四角形で、枝分かれし、草丈は60㎝程度、夏から秋にかけて、紫色の非常に小さい花を見せる。花冠は4㎜程度。古来より薬用に用いた。クマツヅラ科の代表的な園芸植物は何と言ってもバーベナランタナであろう。
履歴
県花・国花
古典1 『蜻蛉日記』
古典2 『倭名聚鈔』、『本草和名』、『下学集』、『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物類品隲』、『本草綱目啓蒙』
季語  夏 
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
3 275 「お茶」