←トップ頁へ

和名jp クマノギク
漢字表記 熊野菊
別名・異名
other name
ハマグルマ
古名
old name
語源
etymology
和名は、和歌山県熊野地方に多く産することから。
属名は、ドイツのG・W・Wedelの名に因んでいる。
種小名は「中国の」の意。
学名sn Wedelia chinensis   撮影者:東京都 中村利治様/小石川植物園
英名en
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 蟛蜞菊
植物分類 キク科ハマグルマ属
園芸分類 多年生草本
用途use 鉢植え/ロックガーデン/石垣植え
原産地
distribution
日本(本州以西~琉球諸島)/台湾
花言葉
解説
description
クマノギクはキク科の多年草である。概して海岸近くの湿り気の多い地に自生の見られる野草である。草丈は20~50㎝。茎は横走し、節から根を下ろす。葉は楕円形~披針形で、茎に対生する。葉の表面には光沢があり、多触りの感触はざらつく。葉縁には鈍鋸歯があり、先端は尖る。5~9月頃、茎頂に径2㎝程度の黄色い舌状花を持った頭花をつける。中心部の管状花も黄色である。舌状花の先端部は葉込みを見せる。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考 同科同属のネコノシタも「ハマグルマ」の別名を持つ。