←トップ頁へ

和名jp クマノアシツメクサ 撮影者:東京都 中村利治様撮影地:筑波実験植物園 
漢字表記 熊足詰草
別名・異名
other name
ワタゲツメクサ(綿毛詰草)
アンティリス・ブルネラリア
古名
old name
語源
etymology
和名の花の形状からの命名か。属名は、ギリシャ語のanthos(=花)とiolos(=産毛)の合成語から。
種小名は「傷を治す」の意。
学名sn Anthyllis vulneraria
英名en  Kidney vetch
Lady's fingers
Woundwort
仏名fr Anthylide vulnéraire
独名de Etcher Wundklee
Gemeinner Wundklee,
Gewöhnlicher Wundklee,
Tannenklee
伊名it Vulneraria
Antillide vulneraria 
西名es Vulneraria
葡名pt Vulnerária 
漢名ch 療傷絨毛花
植物分類 マメ科クマノアシツメクサ属
園芸分類 1年生草本
用途use 路地植え/薬用
原産地
distribution
ヨーロッパ~地中海沿岸~小アジア~北アフリカ
花言葉
解説
description
クマノアシツメクサは、マメ科の一年草である。本種は、原産地の項に記した地で、平地~標高3,000m級高地まで分布を見ている。特に石灰質土壌の乾燥した平原や岩場を好んで自生すると言う。草丈は5~40㎝程度となる。茎は複雑に分枝をする。葉は奇数羽状複葉で、小葉は狭楕円形である。葉の上面は無毛であるが、下面には細毛が見られる。6~9月頃、径1~2㎝程度の花序を出し黄色い小花を多数つける。英名にLady's fingerとあるように、白色の萼筒の先に、小形のマメ科特有の蝶形花をつける。
履歴 本種は、北半球の温帯~亜寒帯地域に帰化状態と化している。我が国も例外ではなく、1970年代初め頃より、北海道で帰化状態にあることが確認されている。 
県花・国花  
古典1  
古典2  
季語  
備考