←トップ頁へ
和名jp クマガイソウ
栃木市:花之江の郷にて↑

 ↑日光植物園にて↓


漢字表記 熊谷草
別名・異名
other name
ホテイソウ
古名old name
語源
etymology
和名は、ユニークな花姿を熊谷次郎直実の母衣に見立てたことから。
属名は、ギリシャ語のcypris(=女神ヴィーナス)とpedilon(=スリッパ)の合成語で、唇弁が大きく前へ突出していることから。
種小名は「日本の」の意。
学名sn Cypripedium Japonicum
英名en The Japan Cypripedium
仏名fr
独名de
伊名it
西名es
葡名pt
漢名ch 日本喜普鞋蘭
扇脉杓蘭
植物分類 ラン科アツモリソウ属
園芸分類 多年生草本
用途use 野草/鉢植え/庭植え
原産地
distribution
日本/中国
花言葉 見かけ倒し
解説
description
花形はとてもユニークで印象的である。直径7,8㎝程で横向きに一個つける。花期は4,5月頃。花色は、黄白色に薄く緑色した花被片と巨大に膨らんだ唇弁を有し白地に紅紫色の網状の模様がある。繁殖は地下茎のランナーによる。群落が出来ると、突然消えてなくなる傾向にある。
履歴
県花・国花
古典1
古典2 『大和本草』、『和漢三歳図会』、『物品識名』、『本草綱目啓蒙』
季語
備考
『パイプのけむり』 巻数 頁数 タイトル
5 224 「着生蘭」
5 236 「猫股」
6 23 「がたがた」
18 39 「風蘭」