←トップ頁へ

和名 ククミス・ディプサケウス
漢字表記
別名・異名
古名
語源 和名は学名の音読みから。/属名に見られるCucumis(ククミス)とはラテン語の<中空の器>に由来している。/種小名の語源不詳。ギリシャ語でdipsaは「乾いた」の意。
撮影者:東京都 石黒俊紀様
学名 Cucumis dipsaceus
英名  Teasel gourd,
Hedgehog gourd
仏名
独名
伊名 撮影地:大船フラワーセンター
西名
葡名
漢名
植物分類 ウリ科キュウリ属
園芸分類 蔓性一年生草本
用途 鉢植え(観賞用)/花材
原産地 アフリカ
花言葉
解説 ククミス・ディスケウスは、ウリ科の一年草である。アフリカ産のキュウリの仲間であるが、近年我が国の園芸界でも流通し、周囲に柔らかい刺状突起に覆われるユニークな果実が観賞用の対象として一般に栽培されている。蔓性植物で、葉は長い葉柄を持った心形で、縁には不揃いの鋸歯があり、茎に互生する。茎は葉柄、葉裏には白色の腺毛が密生する。花はキュウリなどと同様の黄色い筒状花で、花冠は5裂し、花形2~3㎝程度である。花は雌雄異花。花後には、掲載した写真に見られるような長さ7㎝前後程度、径4㎝前後程度の楕円状球体の果実を下垂する。
履歴
県花・国花
古典1
古典2
季語
備考